【サッカー】<週刊文春>ハリルホジッチ解任>、一番の問題は「技術委員長の監督就任」だ!

1 :2018/04/12(木) 12:24:10.69 ID:CAP_USER9.net

なぜ技術委員長の監督就任が「あり得ない」のか

サッカー日本代表、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がロシアワールドカップを2カ月後に控えた段階で、契約を解除された。この事態を受けて日本サッカー協会の技術委員長を務める西野朗氏が代表監督に就任した。

 この緊急人事における一番の違和感は、技術委員長の監督就任である。この一点において論じたい。

同協会の田嶋幸三会長は解任の理由として、結果も内容も低調に終わった3月のマリ戦、ウクライナ戦を受け「選手とのコミュニケーションや信頼関係が多少薄れてきて、今までのことを総合的に評価してこの結論に至った」と説明した。解任やむなしの理由がたとえあったにせよ、後任に技術委員長を据えることはあり得ないと感じている。

 西野氏の経歴は、申し分ない。1996年アトランタ五輪でブラジル代表を破った“マイアミの奇跡”から始まり、ガンバ大阪の黄金期も築いた。西野氏が「あり得ない」のではなく、その立場ゆえに「あり得ない」のだ。

 技術委員長は、監督の仕事を評価する技術委員会の長という立場である。「(西野氏は)ハリルホジッチ監督を最後までサポートしてきた」と田嶋会長は強調するが、ハリルホジッチ監督を客観的に評価しつつ代表チームをうまく進めるために差配していくことが技術委員長には求められている。

「監督と選手の信頼が薄まっている」のだとしたら、技術委員長としてやるべきことはもっとあったのではないか。無論、この素朴な疑問に対して田嶋会長は、技術委員長、監督、チームを含めて密にコミュニケーションを取ってきたと主張する。そのうえでの苦渋の決断だったのだ、と。

良いのか悪いのか、評価が見えないという問題点

 ならば一体、技術委員会はハリルホジッチ監督をどのように評価していたのか。

 田嶋会長の話をそのまま飲みこめば、技術委員会はハリルホジッチ監督を積極的ではないとしても、評価していたことになる。もし評価していなかったとしたら、もっと早いタイミングで解任に動いてもおかしくない。

 ノルマを設定することもなかった。たとえば昨年12月の東アジアE-1選手権、たとえば今回の欧州遠征。ハリルホジッチ監督に「あなたのサッカーではワールドカップで勝てない。次の試合で査定させていただく」と伝えておけば、指揮官は必死になって勝ちにいったはずである。ハリルホジッチ監督で本番を戦えるかどうか見極めることができたと思うのだ。

 しかし指揮官は欧州遠征で人選を含めてテストを続け、6月の本大会を見据えて自分のプランニングに徹していた。コミュニケーションを密に取っているならば、技術委員会も積極的ではないとしてもその方針を承諾していたことになる。

 日本代表はロシアW杯出場を決めて以降、低調な試合が続いている。それでも本番への期待値をこめて評価してきたということなのか。良いのか悪いのか、その評価が見えなかった。解任を伝えられたハリルホジッチ監督が驚くのも無理はない。評価されていないなどとは思っていないのだから。

つづく

4/12(木) 7:00配信 文春オンライン
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180412-00006992-bunshun-spo

28 :2018/04/12(木) 12:40:19.47 ID:cSA1QL8N0.net

霜田、腐った協会からやりがいあるレノファの監督になって大正解だな

75 :2018/04/12(木) 14:54:31.99 ID:LHDpomVy0.net

32 :2018/04/12(木) 12:53:03.61 ID:+H212V6G0.net

技術委員長としては解雇
他に良い人材がいないから西野に監督としてオファー

14 :2018/04/12(木) 12:30:22.89 ID:JvL11zLM0.net

協会と電通はマスコミを使って選手のせいにしてるが、その前に会長や西野がきちんとサポートしなかったのを反省しろww
結局、ハリルの足を引っ張ったのは西野強化委員たちや田嶋会長w

☆田嶋サッカー協会会長のやったこと

ハリルを選んでサポートしてた霜田元強化委員長(原支持派)をクビにする
→代わりの強化委員長に子飼いの西野
→ハリルがサポートが足りず選手とコミュ不足に?
→田嶋「ハリルでは選手とコミュが取れないのでクビ、代わりは西野で」

そもそも根本的には誰が悪いんでしょう?w
どう見ても田嶋会長だよね?w

自分らの言うことを聞かないハリルの足を引っ張っておいてコミュ不足でクビとは笑える話w
ようは香川や本田などスポンサー筋にとって大事な選手をねじ込めないからクビって話だろw

114名無しさん@恐縮です2018/04/10(火) 04:27:21.87ID:cFE3jQF90
ハリルを苦労して招致した霜田を追い出し、ハリルを孤立させ、
香川の直訴を上に伝え、まんまと代表監督になったのが西野(と支持した田嶋会長)

流れを見ると
この前まで
西野「ハリルのままでW杯は行きます。全力でサポートします」

今日
西野「サポートしてきましたがもう限界です、外れるのはハリル、ハリル!代理は俺、西野!」

こうなるんだが、どう考えても西野や協会が真面目にサポートしてきたか怪しくないか?w
普通は監督と選手が上手く行ってないのは自分らに責任もあると感じて辞任しないか?w

483名無しさん@恐縮です2018/04/09(月) 17:11:07.02ID:Zo5yHlJO0
最後のフリーの質問者に、
「技術委員が機能していなかった。
 その技術委員が次期監督はおかしい」 と言われて、田嶋は噛みついてたなw

田嶋『機能してない事は無くて、努力はしていた』と。

いやいや 
努力しても監督交代せざる得ない状況になったんだから
結果的に機能してなかったのと一緒だろww

【サッカー】<ハリル解任の真実>霜田技術委員の退職から強まった警戒心

バヒド・ハリルホジッチ前監督(65)と日本サッカー協会との間にも、隙間風は吹いていた。
ポイントは2016年11月。指揮官の招聘(しょうへい)に関わり同年3月まで技術委員長を務めていた霜田正浩技術委員(51)が、日本協会を退職した。
後ろ盾を失ったと感じたハリル監督は、協会への警戒心を強めるようになった。

当時は西野朗氏(63)が技術委員長を務め、監督人事に関わる技術委員会では試合が終わるごとに分析リポートを作り、ハリル監督に渡していた。
だが、1日何試合も欧州リーグをチェックし、常に世界標準を知ると胸を張る指揮官は、リポートには目を通さず自分の分析力に頼るばかり。当然、技術委員会からの信用は失った。

 技術委員会もエキセントリックな性格のハリル監督との距離感をつかめず、サポートは後手に回った。
ある技術委員は、「(技術委員長だった)西野さんが監督と積極的にコミュニケーションを取るようになったのは、昨年の中頃だった。
監督にも問題があるが、もう少し日本人の性格を教え、助言をしても良かった」と明かした。
協会、選手とハリル監督の溝は深まった。修復は難しく、電撃解任へとつながった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000016-sph-socc

22 :2018/04/12(木) 12:34:28.12 ID:ZW4P7pvJ0.net

ハリルの違約金の6億円って電通が払うんだろ

そんなに金があるんなら残業代ケチるなよw

79 :2018/04/12(木) 14:59:46.50 ID:LHDpomVy0.net

>>47
そもそも西野はウクライナ戦後に解任は無いと明言したんだから、会長権限で監督解任するなら強化委員長を辞職すべきだったしもちろん後任監督とかあり得ない

3 :2018/04/12(木) 12:24:48.41 ID:O9J47CJI0.net

明智光秀みたいなもん。

83 :2018/04/12(木) 15:07:16.42 ID:rw5CFjYX0.net

手倉森は退任、森保が代表コーチ兼任

44 :2018/04/12(木) 13:12:07.61 ID:rw5CFjYX0.net

で、西野の会見何時から?w

4 :2018/04/12(木) 12:24:59.67 ID:IZCX/K0D0.net

田嶋の嫁のチームドクターは留任?

コメントする